オンラインショッピングの安全対策


クレジットカードの不正使用は、あちこちで起こっているような問題です。泥棒はインターネットを使ってクレジットカードの情報を盗むのが大好きです。 多くの人は、自分の身を守るためには、オンラインショッピングを完全に避けることが一番だと考えています。 これは、クレジットカード情報を盗まれないようにするための一つの方法ですが、同時に、二度とオンラインショッピングができなくなることを意味します。 消費者がオンラインでいち早くお得な商品を見つけることができるため、商品のオンライン市場は驚異的な勢いで拡大しています。 オンラインショッピングをやめてしまうと、このような素晴らしいお買い物をする機会を失ってしまうのです。 これは、クレジットカードの不正使用を避けるために、二度と飛行機には乗らないと決めているのと同じことです。 確かに飛行機を使ったテロ計画の犠牲にはならないが、これは旅行中に飛行機に乗れないことで生じる不便に対処しなければならないことも意味している。 人生においてあらゆることがそうであるように、問題を避けるのではなく、問題を理解し、オンラインショッピングでクレジットカード詐欺の被害に遭う可能性を最小限にするための賢い戦略を考案することが重要です。

まずは、すでにクレジットカードの不正利用が発生してしまった場合の対処法について説明します。 慌てないでください。 カード所有者がクレジットカード情報の漏洩を報告した場合、クレジットカード会社はカード所有者に不正請求の責任を負わせることはありません。これには、カード所有者が盗難を報告した後に行われた請求も含まれます。 カード会社はすぐにカードを閉鎖し、1週間ほどで新しいカードを発行してくれますが、それでもほとんどの人が嫌がる面倒なことです。

オンラインショッピングをする人は、GoogleのSafe Browsing Toolを使って、ウェブサイトを訪問しても安全かどうかを確認することができます。これは、人がGoogleを信頼していることが前提です。 このツールは、サイトが疑わしいかどうか、最後にGoogleにスキャンされた日付、過去の疑わしい活動、疑わしいウェブサイトへのリンクがあれば、それが直接疑わしいものでなくても報告します。 ウェブサイトが安全かどうかを確認するには、ブラウザのアドレス欄に「http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=」をコピー&ペーストし、訪問するサイトのurlを追加するだけです。 例えば、ある企業のホームページへは、使用しているブラウザのアドレスバーに「http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=websiteurlhere.com」と入力するだけで、簡単にアクセスできます。 これらの情報を入力すると、Googleのツールはサイトの安全性に関する簡単な半ページのレポートを表示します。

信頼できる第三者による支払い方法は、オンラインショッピングをする際に利用できるもう一つの保護層です。 PayPalはよく知られた決済手段です。 世界で最も普及しているサードパーティ製の決済手段です。 お客さまは、商品・サービスの代金支払いに利用することができます。 つまり、買い物をしたお客さまは、買い物をしたサイトに直接お金を払うわけではありません。 お客様がPayPalに代金を支払い、その後PayPalが加盟店に代金を支払う。つまり、加盟店はお客様のクレジットカード情報を見ることはなく、取引中にクレジットカード情報がインターネット上で送信されることもない。 お客様が1つのウェブサイトで買い物をするか、何百ものウェブサイトで買い物をするかは重要ではありません。 クレジットカードの情報は、第三者による支払い方法を使用した場合、オンラインで送信されることはありません。 Googleウォレット、AmazonペイメントもPayPalと同様のサードパーティによる決済手段です。

この情報により、オンラインショッピングをする人は、訪問するサイトが安全かどうかを確認し、機密情報を入力することを避けることができるようになります。 オンラインショッピングをする人は、驚くほどお得な情報を見逃すことはないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語